株式会社 三原商事東濃金属
TOP
会社情報
会社概要
沿革
企業姿勢
工場・営業所・関連会社
関連会社
事業内容
採用情報
お問合せ
カタログ請求

PLATE検索
会社沿革

会社経歴
昭和45年 春日井市鳥居松町に、三原商店を創業。
昭和49年 有限会社三原興業、資本金200万にて設立。又、瑞浪市に厚板シャーリング加工、ガス溶断加工、折曲げ等の総合工場東濃金属を開設。
昭和54年 瑞浪市土岐町に企業の一体化を計るため、(株)三原商事東濃金属を資本金500万にて設立。
昭和56年 支店第一工場、瑞浪市土岐町字神田にて、孔明加工、開先加工、ショット加工等の業務を開始。
昭和57年 支店第一工場での孔明加工部門を全て第二工場、瑞浪市土岐町鶴城2832-1に移し、三原のスプライスプレートとして新部門に進出、量産体制に入る。
昭和59年 小牧市大草字久捨2986-2に小牧工場設立。同所に管理本部を置く。
昭和60年 可児市矢戸字横市1191番地に、本社移転。本社工場(土地2,000坪、工場建坪1,300)にてガス切断、孔明加工、開先加工、折曲加工等集中一貫工場として発足する。
昭和62年 本社工場200坪増築、プラズマ切断開始。又、小牧工場にてスプライス加工開始、両工場で2,500t加工可能。
昭和63年 本社工場300坪増築。本社にコンピューターを導入し、管理システムの完成。
平成元年 本社工場300坪増築。食堂等福利厚生棟約200坪2階建増築。
平成2年 本社工場及び小牧工場事務所からオンライン化。
切断及び孔明CAD/CAM導入。又、溶断設備増強の為、アイトレーサーにNC3台搭載設置。
平成3年 NC付マーキング装備ユニテックス2台、自動スプライス加工ライン2台導入。又、資本金1,000万増資。平成2年度売り上げ高40億円。
平成4年 本社工場350坪増築。NC付マーキング装備ユニテックス1台、バンドソー660、自動開先機VXW3000S(K開先)、門型クレーン3台増設。
平成6年 サーフテスト機を導入し、スプライスプレートの摩擦係数測定。品質管理の充実を図る。本社工場のレインアウトを一新する。
溶断加工ラインを延長し生産効率20%アップを図る。
素材品質証明のミルシート発行の徹底化。
標準規格品S−シリーズの追加、常時在庫規格品200種類とする。
平成8年 王子製鉄(株)(群馬県)敷地内にて関東工場(500坪)及び関東営業所を開設、自動孔明機11台、ショット機2台、ガス溶断機1台、バンドソー4台設置。スプライスプレート加工を月産500t体制にてスタート。
平成9年 本社第二工場新築(600坪)にユニテックスガス溶断機1台、トレーサー2台、ポータブル2台、クレーン5t2基、2.8t2基設置。
本社、関東営業所、小牧管理本部間にLANを敷設、情報のオンライン化構築を図る。
平成12年 孔明大型化に従いTCV3500新設。
平成13年 関東工場増築。切断及び孔明CAD/CAM導入ユニテックス増設。
本社工場バンドソー4台、2軸孔明機3台更新を行なう。
平成14年 関東工場孔明2軸機2台導入して生産アップを計る。
本社工場改築と、本社事務所新築 498m²を行う。
新システムLANを起動し業務のスピードアップを計る。
平成15年 本社工場バンドソー1台更新を行なう。
ISO9001:2000認証取得し、安定した商品の供給と業務の確立を目指す。
平成19年 関東新工場・営業所開設(土地3,800坪、工場建坪1,350坪、事務所棟660坪(延べ床面積)
平成20年 本社第三工場建設(土地470坪、建屋315坪)
本社第三工場 小池酸素製4Kレーザー切断機1台導入
平成22年 本社第三工場 小池酸素製4Kレーザー切断機1台増設
9/21 三原吉城 代表取締役会長就任 三原吉宗 代表取締役社長就任

Copyright (C) 2004 MIHARA SHOJI TONOKINZOKU All Rights Reserved.